【Laravel 入門】プロジェクトを作成しlaravel を始めてみよう

Laravel

今回は、laravel でのプロジェクトの作成から、ルーティングの基礎的な使い方まで解説していきます。


laravel を使用するための環境構築は事前に済ませておいてください。


参考書

プロジェクト作成

ではプロジェクトを作成するために、まずはコマンドラインを立ち上げましょう。
プロフェクトを作成する場所にディレクトリを移動させたら、

laravel new プロジェクト名

という形で実行することでプロジェクトを作成することができます。


今回は、

laravel new laravelsample

と実行します。


実行が完了したら、

cd laravelsample

を実行し、「laravelsample」プロジェクトの中にディレクトリを移動しましょう。


そして、以下を実行してサーバーを起動させます。

php artisan serve



成功したら、以下のような表示が出ているかと思います。

Starting Laravel development server: http://127.0.0.1:8000


では、ブラウザから
http://127.0.0.1:8000
にアクセスしてみましょう。



このように、laravel のトップページが表示されていればOKです!



では、いま作った laravelsample フォルダをテキストエディタで開いてみてください。

たくさんのファイルやフォルダがありますが、少しずつそれぞれの役割を覚えていきましょう。

ルーティング

特定のアドレスにアクセスしたときに、どの処理を実行するかを管理するのがルーティングの役割になります。


例えば、
http://○○/a にアクセスした場合は a という処理を、
http://○○/b にアクセスした場合は b という処理を、
http://○○/c にアクセスした場合は c という処理を
呼び出すように管理するわけですね。


そして、このルーティング機能を担当するフォルダが「routes」であり、その中の「web.php」というファイルを基本的に編集していくと考えてください。


次は、その「web.php」ファイルを見ていきます。

ルート情報の書き方(GETアクセス)

Route::get( アドレス , 関数やコントローラ );


第1引数に割り当てるアドレスを、第2引数には呼び出す関数やコントローラを指定します。
(コントローラについては次の記事で解説します)



実際に「web.php」ファイルを見てみると、デフォルトで以下のように記述されているのがわかるかとます。

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});


この場合は、「トップページにアクセスされたときに view(‘welcome’) を返す」ということになりますね。


view( テンプレート名 ) 関数は、指定したテンプレートファイルをレンダリングして返す働きをします。


ちなみにテンプレートファイルは、○○.blade.php というファイル名になり、
そのファイルの場所は、resources/views の中にあります。

実際に確認すると、welcome.blade.php というファイルがあるのがわかるかと思います。


このファイルが、先ほど見たトップページの見た目を作っているわけですね。



では例えば、以下のようなルートを追加してみます。

Route::get('/a', function () {
    return 'a にアクセスしました';
});


そして、ブラウザで http://127.0.0.1:8000/a にアクセスすると、
「a にアクセスしました」
と表示されるのがわかるかと思います。

アクセスしたアドレスによって処理が切り替えられていますね。
これで、ルートの基礎的な使い方は理解できました。





今回は以上になります。
ご覧いただきありがとうございました(^^)


参考書



続きはこちら↓

コメント

コンタクトフォーム

    タイトルとURLをコピーしました