【『究極のビジネス英語リスニング Vol.1』レビュー】TOEICのリスニング対策にもおすすめ!

英語

本書は、「英語のネイティブスピーカーを相手に仕事ができるようになりたい」という方向けに作られたもので、Vol.1からVol.3まで出版されています(2020年7月時点)




しかし、そのような目的以外にも、TOEICのリスニング対策教材としても使えます!


まさに私がリスニング対策目的で使用しました(^^)



Vol.1は、使用語彙が3000語に制限されており、一見簡単そうに見えますがそうでもありません。



TOEICのリスニングよりもスピードが速く、文の構造も少し複雑なので高負荷トレーニングとして使えますが、TOEIC600点以上取得されている方が対象になるかと思います(^_^)



本書は、ビジネス上の様々なシーンを扱った40のエピソードでひとつの物語になっています。


簡単にあらすじを紹介すると、


日本の小さな製造会社「ソウタ鋼芸」が海外進出にむけ日々奮闘するなか、「RMX」という新技術を開発。

その噂を聞きつけた自動車部品を製造するアメリカの大企業から一本の電話がかかってくるところから物語は始まり、「RMX」をめぐる交渉を中心に話が展開していく。



という内容です。


シチュエーションとしては、電話、会議、ニュース、相談、接待、交渉、スピーチなど実際のビジネスを想定した場面がたくさんあります。


また、登場人物もキャラ立ちしているのですが、
特にアメリカの企業側のカトリーナが冷淡で強敵なんですね(;・∀・)



こんな感じでドラマチックに展開していくので、飽きずにリスニングの勉強ができておすすめです!


ちなみに音声はアプリやホームページからダウンロードできます。


アマゾンで試し読みができるので、よかったら確認してみてください(^^)

[音声DL付]究極のビジネス英語リスニングVol.1ー実際のビジネスシーンを基に打診の電話から取引成功までの国際ビジネスの流れを英語で疑似体験! 究極のビジネス英語リスニングシリーズ



私はこの教材をすべて「パワー音読」した後にTOEICのリスニングを聞くと、かなりはっきりと聞き取れるようになりました!

次に試験を受けるのが楽しみです(^_^)


ちなみに「パワー音読」についてはこちらをご参照ください(^^)

コメント

コンタクトフォーム

    タイトルとURLをコピーしました